FC2ブログ

プロフィール

オレンジハウス

Author:オレンジハウス
串本でダイビングサービスと
宿泊をやってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

穏やかな天候でのボートダイビング

水面の流れがありましたが、透明度も良くいい感じ!!

中黒目礁 水温21.7℃ 透明度12m

ハナミノカサゴ ミツボシクロスズメダイyg アジ
クロホシイシモチ大群 クマノミ コロダイ ソラスズメダイ


備前 水温21.4℃ 透明度12m

アオリイカ(ペア) カンパチ(1m) クマノミ
テングダイ キビナゴ(大群) イシダイ
ミツボシクロスズメダイ ソラスズメダイ 他

天候にも恵まれ、透明度にも恵まれ
水温も20℃越えになってきたので
快適でした(^0^)、
このまま、水温上昇と期待したいですね

今日もボート2本

昨日はグラスワールドでジョーフィッシュ×3匹
見てきたので、今日はイエロージョー君のリクエストで。

住崎 水温19~21℃ 透明度7~12m

イエロージョーフィッシュ
ウミテング
ピカチューウミウシ
ニラミギンポ、イシガキダイ
ハシナガウバウオ×4匹
イセエビ、アオサハギ幼魚
キンメの群&イシモチ群
アザハタ&ユカタハタ&オオモンハタ
テングダイ、クエ(大)、メジナ群、タカベ(yg)群
クマノミのタマゴ
イソギンチャクモエビ
イソギンチャクエビ

P6026075.jpg

P6026079.jpg

P6026083.jpg


備前 水温19.2℃ 透明度8~10m

アオリイカ×1ハイ(ホンダワラ付近)
アオリイカのタマゴあちこち。
(産卵床にもタマゴ有り)

オランウータンクラブ
アオウミウシ交接中。
キイボキヌハダウミウシ
ガラスハゼ、スザクサラサエビ多数
クリアクリーナーシュリンプ多数
ウスハオウギガニ(yg)
クマノミのタマゴ
アイゴ群、コロダイ群
カザリイソギンチャクエビ
イソギンチャクエビ
イソギンチャクモエビ(yg)多数
フタイロニシキウミウシ(yg)

P6026091.jpg

P6026085.jpg

本日もゲストの皆さん、ショップの皆さん、
ありがとうございました!

6/1 今日もダイビング日和!

今日から早くも6月!快晴でスタート!

ヨリコバ 水温19.7℃ 透明度12~15m

最近リクエストの多いヨリコバ。

スゴいヒレナガカンパチと大群と
ブリ、ハマチ混じりの群れ達でした!
キビナゴ超大群を追いかけ回してます。
P6016061.jpg
1m級オーバーの大物カンパチ達も。
P6016021.jpg

スジアラ、クエ達も10数匹集合!
(産卵準備か!という感じの集まり)

ヒトデヤドリエビ
P6015980.jpg


キンギョハナダイ大群と
シラコダイ大群がムレムレ、ヒラヒラで。


双島沖2の根 水温18.9℃ 透明度10~13m

あれだけ来ていたアオリイカは不発で・・。
タマゴだけがいっぱいハッチアウト待ちのような。
P5115751.jpg

タマゴ狙って、海ヘビ科のモヨウモンガラドウシ
や、ウツボ達が集まってきていて。

そんな中、クダゴンベ2匹とアオサハギ(yg)が
コラボしてました。

洞窟付近には・・。
サクラダイ幼魚達やフタイロハナゴイ達

クマノミの卵やウミウシの卵も。

海面を見上げるとキビナゴ大群が
流れていました。

<span style="font-size:large;">グラスワールド 水温19.2℃ 透明度7~12m

ジョーフィッシュ×3匹(1匹は口内保育中)
アマミスズメダイ幼魚達
ハシナガウバウオ数匹
キイロイボウミウシ、ピカチューウミウシ(yg)
ムチカラマツエビ(黄)
ムラサキウミコチョウ達(1匹遊泳中)
クリイロサンゴヤドカリ
サメジマオトメウミウシ、ベンケイハゼ

P6016067.jpg

今日もゲストの皆さん、ありがとうございました!
明日もボート出港予定です。

遅れましたが、5/27(月)

双島沖2の根 水温18.9℃ 透明度15m
双島沖北の根 水温19.0℃ 透明度15m

双島沖続けて2本!

双島沖2の根は、アオリイカの産卵が熱く!
双島沖北の根は、たくさんの魚の群れが!

どちらも透明度⇅、透視度⇔共に15m前後有り、
快適ダイビングでした!

どちらも水深30mの白い砂地がキレイです!

本日もショップ、ゲストの皆様!
ありがとうございました!

P5265928.jpg
双島沖北の根に居つくテングダイ達

P5265914.jpg
双島沖北の根にはこんな洞窟が
数本有ります。

双島沖2の根のアオリイカ!
P5255871.jpg

またサメ出現&群れ群れ見学

陸に居ると真夏のような串本。
日陰の日中気温は26℃。
短パン、Tシャツです。

水温は海水面で21℃近く、
深場に降りると19.1~19.8℃でした。
平均水温は20℃前後に。

ドライ半分、ウェットスーツ半分、フードも
被る方と被らない方も・・。

今日も皆さんのリクエストで外洋へ。

双島沖北の根 水温19.8~21℃ 透明度10~15m

ドチザメっぽい。(水深30m位に)
海面付近にはハンマーヘッドシャーク
の子供らしきサイズが追いかけっこを。
P5265922.jpg

洞窟内は、ナミマツカサとイシモチ達
それを狙うハナミノカサゴ達やユカタハタ達

テングダイ×5匹
キイロイボウミウシ×2匹

根の上は、
イソギンチャクにクマノミ達や
ミツボシクロスズメダイ幼魚園達で、

イソギンチャクモエビ極小赤ちゃんが
いっぱい産まれてました。
トゲアシガニもペアで仲良く・・。

塔の沖 水温19.1~19.8℃ 透明度10~13m

アザハタの根の群れ群れを見たいのリクエストで。
外洋ポイントで一番近い塔の沖に。

クロホシイシモチ達の超大群(増加&サイズ成長)
キンメモドキ達の超大群(増加&サイズ成長)
コアジの大群も混成で流れてます。
P5265932.jpg

P5265931.jpg

上記の群れを狙ってアザハタやユカタハタ
オオモンハタが時折急にアタック中。

岩の隙間や穴にはイセエビ(大~中)たくさん。

深場のオーバーハングには、赤いラインがキレイな
スジハナダイ達が数匹。

キミシグレカクレエビや
クリアクリーナーシュリンプ
イソギンチャクモエビなどのエビ系も・・。
P5265948.jpg

時折、コアジ群やイサキ達が流れていって。

壁にはムラサキウミコチョウ達が大発生気味
に張り付いてたりキイロイボウミウシや
アオウミウシもたくさん。

水深30m超の白い砂地が沖縄チックで
キレイなあと感心してます。

東京からのゲストの方達が、
「レンテンヤッコ見たい!」とのことで
P5265974.jpg

P5265968.jpg
写真を撮っておきました。

串本には普通に見れますが、
関東や他地方では居ない所が多く
珍しがる方がたまに来られて。

本日もゲストの皆さんありがとうございました!

明日もボート出港予定です!

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE